手放すために(2014年8月・9月のMonthly Thoughts)

私たちは皆、生きていく中で、役に立つ立たないに関わらず、様々なことを自分の内側に溜めています。時には、「過去」で一杯になってしまって新しいものが入ってくるスペースもなければ、前進するパワーもないようにすらみえることもあります。重荷となっている古いものを手放し、より優雅に前進できるような自分になるためには、どうしたら良いのでしょう?

そうした時、私たちは、思考と想像力を有効利用することができます。望む事柄について思考したり、視覚化したり、想像したりすることからぜひ始めてみてください!思考と想像力に加え、肉体も動かすようにすると、よりエネルギーフィールドに変化が起きやすくなり、更に効力がアップします。思考と想像力、そして肉体の動きを組み合わせ、望みに向けて用いるなら、相乗効果によって望むような動きや変化が非常に起こりやすくなっていくのです。

ここでみなさんと、ささやかな瞑想と儀式をシェアしたいと思います。もはやあなたの役に立たないものを手放し、豊富な人生経験を積んできた今のあなたにふさわしく、あなたにとって望ましいものを受け取る手助けとなってくれるでしょう。

まずはあなたが手放したいものについて、少しの間考えてみてください。その根本には何があるのか、瞑想しながらその手放したいものについて、じっくりと眺めていきます。

次に、手放したいものを注入する物を探してみてください。紙でも良いですし、石やビー玉、木の破片など、何でも手放したいものの象徴として使うことができるものを用意してください。あなたの心に深く響く物で、あなたが良いと感じる物なら、そして永遠に手放すことができそうな物なら、どのようなものでも構いません。

1.ワークを行う空間を浄化します。音を使ったりお香を焚いたりしても良いですし、祈りやマントラのようなものを用いても良いでしょう。そのいくつかを組み合わせてみても結構です。重要なのは、儀式を行う時と空間とを清めることです。浄化をしながら体を動かすようにするとより効果が増すでしょう。例えば、祈りを捧げた水をお部屋に撒いたり、指先や手のひらから浄化の光が放たれることを想像しながら、手で部屋中のエネルギーを動かしたりします。あるいは、強い意図を持ちながら、何か特別な肉体の動きをすることで、空間を浄化し、清めることもできるでしょう。

2.あらかじめ用意した用紙に手放したいことを書きます。文字でも良いですし、絵やシンボルを使っても良いでしょう。あるいは、透明なグラス瓶に手放したいものをペンで書き、「4」のステップでその瓶を粉々に壊すという方法もあります。いずれにしても、はっきりとした意図を持ち、手から出てくるエネルギーを使う物に当て、手放したいもののエネルギーをその物に注入していきます。あなたにとって一番やりやすいと感じる方法で行ってください。いくつかの方法を組み合わせて行ってもかまいません。ポイントは、あなたの役に立たなくなったものを、手放すもののシンボルとして用いる物に丸ごと入れてしまうということです。

3.ゆっくりと時間をかけて、意識を集中し、はっきりとした意図持ち、手や肉体の動きを使って、手放したいことをその物に注入していきます。

4.次のステップで、その物を手放します。2度と帰ってこない方法で、完全に手放すのです。物によっては燃やしても良いですし、壊しても良いでしょう。川に流しり、ビリビリと破ったりするのも良いです。永遠にあなたの元に戻ることのないように手放すのです。激しい肉体の動きを使うことで、その物が手放されていくことをよりリアルに感じることができるでしょう。

5.物理的にシンボルを手放すというプロセスを終えた後は、一人で静かにのんびりと過ごす時間をぜひ取ってください。ゆっくりと深呼吸をし、心地良いと感じる色の光で満たされていくことを想像します。呼吸と意図を使って、ハートを光で満たし、ハートからその光が体中に満ち溢れ、頭のてっぺんや手足の指先から外へと放射されていくようにします。手放したものによって詰まっていた肉体の場所が、光で満たされていくことを思い描きます。

6.最後の締めくくりとして、シャワーを浴びることをおすすめします。水が頭から足先まで流れ、手放したものの残留物を全て洗い流してくれることを想像します。

このとてもリアルかつ強力なやり方は、手放したいものがある時はいつでもあなたの役に立ってくれるでしょう。このワークを用いると、きっと大きな効果を感じられるかと思います。よろしければ、あなたの人生にどのような効果が現れたかについて、サイトを通じてぜひ私にシェアしてください。もし、不要となったものを浄化するために更に手助けが必要だと感じるのであれば、私のセッションの一覧をご覧になっていただければと思います。より自分自身全体が調和し、必要でないものを手放し、充実した人生を切り開くための手助けとなってくれるはずです。

 

光と愛と奉仕の中で、

アダマ