フォーカス、習慣と注意(2014年5月のMonthly Thoughts)

習慣というのは、私たちが繰り返し行う行為のことであり、そのことについて深く考えず、無意識に行うことが多いものです。習慣には、とても役に立つものがありますが、そうでないものもあります。例えば、私は夜寝る前に、歯磨きをし、その後デンタルフロスを使うという習慣があります。私が診てもらっている歯医者によれば、それはとても良い習慣だということです。しかし、私は朝食の前や外出前に歯を磨くということを、なぜか習慣にしませんでした。歯科医の話によれば、歯磨きには、食べ物のカスを歯から取り除くだけではなく、歯石を除去し、虫歯の原因となるバイ菌を洗い流すという役割もあるそうです。なので、食事をするしないに関わらず、12時間ごとに歯磨きをすることで、歯をより清潔かつ健康に保つことができるのです。

そういうわけで、わたしはこれまでやり続けてきた習慣を変え、夜に加えて朝にも歯磨きをするようにしています。それは、やり慣れないことであるために、忘れてしまったりすることもよくあります。新しい習慣を身に付けるには、より自分の行動に意識的になっていなければなりません。注意深くあるようにし、意識的に新しい習慣を選択しなければならないのです。目を覚まし、今この瞬間に目を向けている必要があります。

今までと違う新しい習慣を身に付けるには、少し努力がいります。エネルギーに意識を向ける必要があります。また、新しい習慣を身に付けることが自分にとって有益だということにも気が付かないと、それはなかなかうまく定着しにくいでしょう。私が歯磨きというたとえを使ったのは、それが誰もがする行為だからです。例えすぐにその効果が分からなくても、何となく歯磨きをすると良いことがあると理解し、信じることができるからです。実際のところ、歯磨きやデンタルフロスを使っても、歯に食べ物のカスが挟まったり、後味が嫌なものを食べた後であったり、歯がざらついていたりする時を別として、すぐに喜びや満足感を得られるわけではありません。

それと私には毎日エネルギーの浄化と掃除を行う習慣があります。毎朝、ときおり夜寝る前にも行います。なぜこのようなことをするかと言うと、目に見える物質的なもの以外にも、私に悪影響をもたらすものがあるからです。そのため、短期的にも長期的にも健康を維持するため、歯磨きとデンタルフロスを使うのと同様に、肉体を取り巻くエーテル体を掃除し、浄化するワークを行います。それはシャワーを浴びて体を石けんで洗うのとも似ています。この習慣を苦痛だと感じることも、時折ありましたし、今でもそれは時々あります。ですが、エネルギーを清らかでクリアなものにし、肉体をより健康で、生き生きと保つために、この習慣はとても役に立っているので、私は努めてそれを維持しています。私はこれまでコラムの中で、エネルギーをきれいにするのに役立つシンプルなワークをいくつか提案してきました。私や、私のクライアントさんたちは、これらの方法を使うことで、これまではっきりとした効果を感じています。ぜひ過去のコラムから、私のおすすめのワークを探してみてください。

Book of Awakeningまた、この機会にあなたがこれまで身に付けてきた習慣や癖をぜひ見直してみてください。古い習慣を改善したり、新しい習慣を身に付けることによって、さらにクリアかつ健康になる余地はないでしょうか?これまで身に付けた習慣を見直すのは、少々努力がいるかもしれません。意識的になり、毎瞬毎瞬に目覚めていることが必要となってくるでしょう。しかし私が思うに、目覚めている状態であることにはとても多くのメリットがあり、あなたがかけた時間と努力は必ずや報われることでしょう。

古いやり方や癖を、実はとても心地よく感じているということはよくあります。そういう場合は、ある意味、人生を夢遊病にかかっているように歩んでいるとも言えるでしょう。私はあなたに、より意識的になって目覚め、生き生きとしていられることに役立つ方法をぜひ探求し、実行してみることをお勧めします。自分の力で行うのでも、誰かの助けをかりて行うのでもよいでしょう。もしあなたが目覚め、完全かつより意識的で、生き生きとしていられるようになっていく過程の中で、何か私にお手伝いできることがあれば、とても光栄に思います。共に素晴らしい未来に目覚めましょう!

 

光と愛と奉仕の中で、

アダマ