ストレスの中でバランスと均衡を保つ(2013年10月のMonthly Thoughts)

私は10月の大部分を日本の東京で過ごし、ハートオープニング・ワークショップと、個人セッションを行いました。それは本当に素晴らしい旅でした。日本の皆さんは、意識を拡大し、もはや必要のなくなったものを手放し、人生に変化をもたらすことを受け入れる勇気をもっていました。本当の意味でハイヤーセルフと調和するということは、非常に勇気のいることです。なぜならば、そのためにはこれまで慣れ親しんできた行動パターンや癖を手放さなくてはならないからです!

あなたは、健康に気を使っていますか?肉体的な健康や精神的なバランスをとることを大切にしていますか?今は、生活習慣を見直し、あなたの役に立っているものとそうでないものを見分ける時かもしれません。バランスを崩し、ストレスで肉体が病気になってしまってから変化を望むよりも、そうなる前に手を打つほうがより簡単でしょう。もちろん健康的な食事をし、きれいな水をたっぷり飲み、肉体が活性化するのに必要な休養と運動をすることは、とても重要なことなのですが、多忙な生活の中ではつい忘れてしまいがちです。

mountain-mount-fuji-cherry-tree-peak-snow-japan-1024x1280私は今回、人口3500万人の大都会に何週間も滞在している間、アメリカから大変な知らせが届くという困難に直面しました。二つの大変な出来事が、もはや私の役に立たなくなっていたものに意識を集中させ、そのパターンを手放すことができるよう、浮上させてくれました。私は人々に奉仕することを通じて、とても成長したと感じています。クライアントの方々の望みを叶えるためには、私は個人的な心配事を手放さざるを得ませんでした。しかしその結果、新しくエネルギーが活性化され、皆さんに伝えていくことが可能になったのです。

ストレスの多い中で私の中に調和をもたらし、活力を与えるのに役立ったのは、毎日の瞑想です。特に私がずっと続けてきている瞑想法 ― 光をハートの中心に吸い込み、肉体とオーラを通して外へ放射させること ―がとても有効でした。この瞑想法は、いつでもどこでも利用することができ、なかでも困難に直面している時にバランスを保つのにとても役立ちます。これはとてもシンプルな方法です。まず、吸う息と共に光をハートの中心に吸い込みます。そしてその光が肉体の内側から、外側へと放射されていくのをイメージします。これを14回繰り返し行うのです。この方法はとてもお勧めです!

もう1つ、安定と調和を促す瞑想法があります。夜、眠りにつく前の数分の間、今日一日の中で「良かった」ことに意識をフォーカスしてみましょう。心地良いと感じたこと、元気が出るようなことに意識を向けてみてください。そして、朝目覚めた後も、数分間同じエクササイズを行ってみて下さい。そうすることで、その日一日が、そして人生全体が、より良いものへと変わっていくようになるはずです。

 

光と愛と奉仕の中で、

アダマ