バイブレーションを高める(2012年4月のMonthly Thoughts)


昨日、私は賢かった
故に世界を変えたいと思っていた。
今日、私は賢明になった
故に自分自身を変えるのだ。

ルーミー (ペルシャの神秘主義詩人)

人生というのは本来、安全や安心、幸せをいつか得られるようにと絶えず苦労し、自分の意思と願望を貫くために努力しなくてはいけないといったものではありません。私について言えば、自分の外側を変えるためには自分の内側を変えなくてはいけないということを理解した時、上へと螺旋状に続く進化のプロセスが始まりました。

 自分と関わりのある世界は、自分自身の投影であり、また引き寄せの法則によって、自分自身の内なる世界もまた、自分に影響を与えていると私は感じています。類は友を呼ぶのです。似通ったバイブレーションをもつものは互いに惹かれ合うのです。ですから、もし人生に不満を抱えているのであれば、相手や場所や物事を変えようとするのではなく、むしろ、自分自身のバイブレーションをより高め、望むものが自然と惹きつけられるようにすることです。

 そうしたことは、苦労や努力を伴う作業というよりも、手放し、受け入れるという、終わりなきプロセスです。自らのもつバイブレーションに意識を向け、意図的にバイブレーションを高めていくというプロセスであり、望む生き方を手に入れるために周囲を変えようとするのではなく、むしろ受け入れるということなのです。

 自分を育むことに責任を持ち、自分のバイブレーションを高めていくことは、自分の意思や願望に合わせて外の世界を変えていくことよりも、何と簡単なことか!自分をより高いバイブレーションに合わせていることの方が、本当はずっと簡単なことなのです。より高いバイブレーションを保てるようになると、宇宙の方が私に「働きかけて」くれるようになります。そうなるともはや、宇宙に向かって自分の思う通りになるよう無理やり働きかける必要はなくなるのです。自分のバイブレーションに応じて、宇宙は様々な恵みを私たちに与えてくれます。自分のバイブレーションをより高いレベルに合わせれば合わせるほど、シフトが起こり、人生における変化がより早く起こるようになるのです。

 

自らのバイブレーションを高めるために最も簡単な方法は、ただ「幸せであること」、そして感謝すること、そして他人に対してだけでなく自分自身に対しても、できるだけ愛を持って接することです!

 

 私たちみんなで取り組んでみましょう:

周りの人々にもそう感じられるようになるくらい、自分がとても幸せであると感じるようにしましょう。そうすれば、他の誰かに自分を幸せにしてもらおうとは、思わなくなるはずです。

幸せになるということを自分の仕事にしましょう。
私たちは、自分の「ワーク」を通して、自分の力で幸せになれる生き方をしようと意識し、そのような意図をもって生きていくことで、幸せになれるのです。
私たちは様々な選択を行うたびに、幸せを選択することができます。

私たちが幸せで満たされるようになると、想像した以上の豊かさが得られるようになっていきます。他人がしたことや、しなかったことに影響されなくなります。すると本当の意味で愛することができるようになり、愛を本当の意味で与えることができる人々を引き寄せることができるようになるのです。

これは、私が習慣にしていることです。

その日によって上手く行ったり行かなかったりしますけどね!

 

自分のバイブレーションを高め、変化を促すための、シンプルかつ強力な方法をお教えしましょう。これは非常に困難な問題に直面している時においても使うことができます。

  1. あなたが今いると「感じている場所」よりも、より心地よいと感じる場所に「近づける」ことができるよう、できることを何でもやってみてください。「近づける」とは、実際に行動したり、思考を変えたり、よりポジティブな方向に注意を向けたりするといったことです。
  2. 感覚的な意識の焦点の「ある」場所に気付いたなら、より心地よいと感じる方向へともう一度近づけてみます。そのためには、ポジティブなことを考えたり、行動を起こしたり、美しいものやインスピレーションを与えてくれるもの、大好きなものなどをイメージしてみるのが良いでしょう。
  3. こうしたことを繰り返し何回でも行うことです。

 

このようなことを続けていると、自分もつ周波数がより高いものへと変化し、新たな視野が開けてくることに気付くことでしょう。

 

 みなさんの人生に、偉大なる愛と、喜びと、幸せが訪れんことを!

アダマ